読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かねちゃんのテレビ はてな

毎日youtubeに動画をアップする日本のプロユーチューバーのブログ

『千と千尋の神隠し』のその後、本当のラストシーンについて嬉しかった事

今日職場で、夜は千と千尋の神隠しあるね~という会話になりました。

私が

「そういえば・・最後のシーンで、母親が「もうきちゃってるじゃないの~」って、引っ越し先の家を見て言うシーンと、運送屋が「送れると困りますよ」って言うシーンあったのって知ってます?」

と、年配の同僚に聞いてみたら、

「あるね。知ってるも何も普通にそれでしょ」

という感じの答え。

私が

「ですよね。なんか逆に都市伝説みたいにそんなエンディング無いって言われてるらしいんですよ。」

と言ったら、

同僚が

「えー、そうなの?」

むしろ都市伝説みたいになってることの方に大変驚いておりました。知り合いにもそのシーンを普通に見ている人が結構いたりして、けっこうSNSで会話になった人にも3人くらい普通に見たよと言う人がいて、別に都市伝説ってほどの事でもなかったんだなあ~と思いました。

じぶんだけが特別に見てるのかと若干・・優越感を持っていたら、まったく特別な事じゃなかった!という事にビックリです(笑)ガッカリかな・・

あの時、トンネルから出た後でほこりをかぶった車と、運送屋が遅れを注意する時間のズレに違和感を感じていたのでそのことも話したら、全く同じ感想を持っていました。

神隠しだから何か月とか何年も経過していると思っていたら、数時間しかずれが無い事に、これがジブリマジックかと思った。人結構いますよね?


【本当のラストシーン】千と千尋の神隠しのラストシーンがカットになった理由を知っている人いる? のコピー